気になる目線を活かした美容方法

男性からの視線が気になるシチュエーション

男性の視線が気になるシチュエーションを紹介します。

 

合コン

 

合コンに参加する人は何かしらの出会いを求めて参加しています。だから興味を持たれている場合には視線が集中するのは自然なことです。
逆にそれを利用して、自信のある身体のパーツを出して視線を独り占めすることもできます。しかし、人によっては露出を好まない人もいるので注意しましょう。
また相手もこちらもじーっと見てしまっては、不審に思われてしまうので、チラチラ見るのが大切なようです。
視線も好意のバロメーターと言います。相手からの視線を感じとったり、気に入った人に気づいてもらえたりするように、うまく視線を活用しましょう。

 

階段

 

駅の階段などを上っていると下から視線を感じることがありますよね。不快感につながる人もいるかと思います。特に男性は気になったものに視線を集中させる性質があるので、ついつい見入ってしまうようです。
スカートを履いていると視線が集中しやすいので、露出度を低くしてズボンを履いてみるとかエレベーターで移動するなど工夫が必要です。

 

学校・会社

 

1と2とはかなり違いますが、学校・会社で発表など自分の学習や仕事の結果を発表する機会があります。当然異性の方が評価をすることもあるので、緊張が高まりやすいですよね。
緊張しすぎてしまい、本来の力を出し切れなかったなど発表の場での失敗例は多いです。
解決策としては、ありがちですが気持ちを落ち着かせること。加えてなぜ緊張してしまうか、自分の気持ちを分析して整理することが大切です。

 

理由

 

多くの男性は気になるかわいい子がいたりすると視線をその人に集中させてしまう人が多いようです。

 

好感を持った人を正直に見てしまうことが多く、トラブルになってしまうこともありますね。それに対して目くじらを立てずに行為を寄せられているのだと考える方が気持ちが楽でしょう。

 

また男性に限らずですが、反動形成という自分の気持ちとは反対の行動をとってしまうことがあります。本当は好意を持っているのに、相手に嫌がられてしまう行動をとってしまう。そんなこともあるようです。

 

ですから落ち着いて相手の行動から真意を考えて、自分も相手も嫌な気持ちにならないように会話・行動することが大切でしょう。

 

加えて男性の視線を集めやすい身体の部位が、顔・胸・尻・足です。女性が見てほしいバッグや服などのアイテムではなく、比較的性的に魅力があるパーツに集中しやすいようです。見てほしい、もしくは見られたくないところを衣服で調節するのもいいでしょう。

 

性的に魅力のあるパーツに視線が集まりやすいことについて反感を持つ人もいます。
しかし、無意識であったり純粋に行為を寄せていたりすることが多いので、慎重に接しましょう。

 

視線というのは思考にもリンクしていると言えます。それは脳の構造からも指摘されていることで、、男性の思考はシングルタスクと言われています。1つのことを集中して考えることが得意なので視線も興味を持った対象に集中しやすいのです。
ですから男性の特徴を理解して接すれば不快感などは軽減できるのではないでしょうか。

 

肌の自信

 

女性が異性の目線で気になるのは、スタイルの他に肌があります。

 

肌は女性にとって女性らしさを測られるバロメーター。

 

ですが、実際は男性は女性ほどシビアに見ていません。

 

肌が綺麗かどうかより、男性の目線が集中するのは圧倒的に肌荒れしているかどうかです。

 

なのでここだけ維持していれば、肌に関しては異性の目を気にする必要はありません。

 

女性の場合、肌を綺麗にしようとして余計に汚くしている人が目立ちます。肌は触っても何も成長しません。むしろ乾燥して荒れやすくなるだけです。

 

特に口の周りなんかは男性が引いてしまいます。口の周りの肌荒れというのは、その人の知性を悪く印象づけてしまうからです。

 

口の周りの肌荒れに悩んでいる人は、ぜひ乾燥状態を解決することから始めてみてください。

 

口の周りの乾燥とかゆみ.com

 

年齢がバレる!意外に男性は手を見ています!

 

さらに注意したいのは手。

 

顔は最悪化粧でごまかしが効きまずが、手だけはどうしようもありません。男性の目線は意外に手にもいっています。

 

いくら顔が綺麗でも手が荒れていたりすると、女性に対する憧れのような気持ちが減退します。

 

手荒れはハンドクリーム一辺倒ですが、それで完全に治る人はあまりいません。肌のバリア機能を維持するケアという考え方はおすすめ。

 

これで手で惚れさせる女の出来上がりです。

 

ひどい手荒れ対策方法のサイト

更新履歴