気になる目線を活かした美容方法

脚の美しさは目に留まります

女性が同性の体のラインを気にするときには、大抵は全体のバランスのようです。ちょっとふっくらしてきたとか、逆に痩せてきたとかいうような会話は日常茶飯事に行われています。

 

そんな中で、急に言われるのが、脚線美。脚は普段からの歩き方でだいぶ印象が変わるので、目に留まった瞬間、「きれいな脚だ」と思い、それをそのまま伝えてしまいます。

 

その瞬間見られていることを意識しはじめることになります。そうなると、歩き方や、足の組み方、普段の動作までが見られているように思われ、気を抜く暇がありません。

 

服装や、靴もできるだけ美しく見えるようなものについつい偏ってしまいがちです。

 

それを知ってか知らずか、たまにその原因になった友人が、脚を直視したにも関わらず何も言わないときがあります。

 

そうなるとこんどは、逆の効果で、少し太くなったのかなとか、靴とあわないストッキングの色かななどとかなり細かいチェックにまで及んでしまいます。

 

少し下に視線を向けると、どうしても脚のあたりに目が行ってしまうというのは、仕方のないことで、脚が女性にとってスタイルの良さを強調するポイントのひとつである以上、ちょっと視線がきただけで気になってしまうのも仕方のないことです。

 

少しでも脚が美しくすらっと見えるように、私たちは日々工夫を凝らしてはいるのですが、なんせ、トレーニング等ですぐに結果がでるわけではないので、その間の視線がついきになってしまうようです。

脚の美しさは目に留まります関連ページ

電車に乗っているとおばちゃんの視線が気になって